WindowsユーザーのためのUbuntu – Windowsを既定のブートビデオチュートリアルとして設定する

WindowsユーザーのためのUbuntu - Windowsを既定のブートビデオチュートリアルとして設定する

  このビデオでは、Windowsをデフォルトのブートオペレーティングシステムとして設定する方法を説明します。 The commands typed in Terminal are: sudo nano /etc/default/grub GRUB_DEFAULT=saved sudo update-grub sudo grub-set-default 2

(翻訳、YouTubeの動画に字幕ボックスをクリックして、この画像のように設定し、あなたの言語をクリックして)上記を行う方法を表示するには、このビデオを見てください。

subtitles

  トランスクリプト(エラーが含まれるように生成されたマシン)   このビデオは、基本的に私たちのgrubを変更する方法を示しています。さて、これは基本的にUbuntuで起動するシステムプログラムです。以前にインストールしたときにデフォルトのUbuntuを追加したのは、基本的にコンピュータが再起動するたびに、デフォルトの約5秒10になります秒。どのようなデフォルトでも問題ありません。しかし、Windowsユーザーとしては、自動的に起動するウィンドウと、あなたのUbuntuを実行したい場合のウィンドウが必要です。私たちは手作業でこの紫色のスクリーンを手に入れることができます。ちょうどUbuntuを起動するものに選んでください。   さて、これを行う方法を今すぐに示すべきです。これは簡単です。あなたが覚えておく必要があることは、ウィンドウがどれくらいの数なのか、ウィンドウはリストの3分の3を生き残るためのものなのです。それは私たちがコンピュータの言葉で大丈夫だと思うのは、彼もそうだ。 あなたのUbuntuにログインすると、基本的にこれまでと同じように端末に接続する必要があります。このタイプと端末がなければ、管理者が持っているウィンドウが表示されます。スーパーユーザの権限大丈夫、Ubuntuでは、SudoまたはSUと呼ばれています。あなたはそれを私たちがする必要がある最初のことは、実際には設定ファイルのエディタを開くことです。それは私たちがやる方法はスーパーユーザーとしてSudoを入力して実行してから、ファイルを開くために使用するつもりで、ファイルはUTC /その場所にあります。破損していると言いますが、今すぐパスワードを入力してください。 最初のことは、基本的にはデフォルトを荒らして、今度は大丈夫ですが、これは基本的に大丈夫だと信じられる方法で変更します。Xがあれば、あなたが入力したファイルを保存するかどうかを尋ねるでしょう。それを保存すると同じ名前です、はい、そしてそれから今は外でした。スーパーユーザーエージェントがgrubを更新するときに基本的に実行する必要があります。それが済んだら、デフォルトのものを設定する必要があります。この場合、リストの3番目のものですから、Sudoを入力する必要がありますデフォルト設定は実際にはデフォルトに設定されているので、デフォルトと次に3番目の数字が設定されていますが、コンピュータはゼロを開始しているので、2番目に入力してEnterを押します。あなたはそれから退出することができ、私たちが再起動するときに意味するものを表示するだけです。そうです。   ご覧のように、自動的にデフォルトのウィンドウが表示され、起動には5秒かかっていたので、これは基本的にコンピュータを再起動するたびに5秒かかり、そのままウィンドウに入るでしょう。そして、あなたがUbuntuを使いたい時代には、基本的には5秒前にUbuntuにキーボードの矢印をすばやく移動させてEnterを押してください。うーん、これは素敵な1日を見てくれてありがとう。